コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下直 ゲジキ

デジタル大辞泉の解説

げ‐じき〔‐ヂキ〕【下直】

[名・形動]
価値のないこと。また、そのさま。
「新造っ子をそう―につかっては冥利がわるい」〈万太郎末枯
値段の安いこと。また、そのさま。→高直(こうじき)
「唐船かずかず入りて、糸、綿―になりて」〈浮・永代蔵・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちょく【下直】

( 名 ・形動 )
値段の安い・こと(さま)。また、そのもの。げじき。 「今すこし-なのはなんぼじや/滑稽本・膝栗毛 2

げじき【下直】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔呉音〕
値段の安いこと。安価。 「其比唐船かず〱入て、糸・綿-になりて/浮世草子・永代蔵 6
価値のないこと。 「おめえほど亭主を-にする者はあるめえ/滑稽本・四十八癖」
▽↔ 高直こうじき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下直の関連キーワードメッセージ 言葉が、裏切っていく野呂(本名・納所〈のうしょ)邦暢広島、長崎に落とされた原子爆弾グッド★コンビネーションセメンティング[坑井]アンソニー ウェラー風の峠~銀漢の賦~丸木位里・俊・スマ戦時中の米軍機墜落闇の中に横たわりて心療内科医・涼子黒い雨と援護地域あるハンノキの話日産コンツェルン千代の富士物語新・おみやさんヒロシマのうた勅・捗・敕・直赤十字と核兵器フェードボール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android