コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下等植物 カトウショクブツ

世界大百科事典 第2版の解説

かとうしょくぶつ【下等植物 lower plants】

高等植物の対語。厳密な定義があるわけではないが,一般にはコケ,藻,菌など維管束をもたない植物の総称で,いわば無管束植物と同義語である。ときには隠花植物または胞子植物と同義に用いられる。【西田 誠】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かとうしょくぶつ【下等植物】

根・茎・葉が分化していない植物の総称。コケ類・藻類など。 ↔ 高等植物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下等植物
かとうしょくぶつ

高等植物に対する語で、植物の進化の順位が下方と考えられる植物、すなわち維管束をもたず、簡単な体制で、花をつけないコケ植物、藻類、地衣類をさす。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

下等植物の関連キーワード光形態形成(こうけいたいけいせい)ケールロイタークルマアツバエングラー生物三元論矢部吉禎乾燥気候世代交代系統樹葉緑体柔組織核様体中心体コケ類星状体双星海藻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android