下等植物(読み)カトウショクブツ

世界大百科事典 第2版の解説

かとうしょくぶつ【下等植物 lower plants】

高等植物の対語。厳密な定義があるわけではないが,一般にはコケ,藻,菌など維管束をもたない植物の総称で,いわば無管束植物と同義語である。ときには隠花植物または胞子植物と同義に用いられる。【西田 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かとうしょくぶつ【下等植物】

根・茎・葉が分化していない植物の総称。コケ類・藻類など。 ⇔ 高等植物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下等植物
かとうしょくぶつ

高等植物に対する語で、植物の進化の順位が下方と考えられる植物、すなわち維管束をもたず、簡単な体制で、花をつけないコケ植物、藻類、地衣類をさす。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かとう‐しょくぶつ【下等植物】

〘名〙 維管束(いかんそく)の発達がみられない植物の総称で、シダ植物を除く陰花植物全体にあたる。コケ植物、藻類、菌類、地衣類などが含まれる。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android