下諏訪温泉(読み)しもすわおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下諏訪温泉
しもすわおんせん

長野県中部,諏訪湖北岸にある温泉。下諏訪町に属する。泉質単純泉食塩泉硫酸塩泉硫黄泉と多種。泉温は 73℃。湯量は豊富。貧血症特効がある。共同浴場もあって素朴な温泉場の雰囲気がある。諏訪大社下社に接している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕下諏訪温泉(しもすわおんせん)


長野県諏訪郡下諏訪町、諏訪湖北岸の砥川(とがわ)扇状地にわく行楽・保養向きの温泉。江戸時代、中山道と甲州(こうしゅう)街道の分岐点をなす下諏訪宿とともに発展。霧ヶ(きりが)峰・八島ヶ(やしまが)原湿原・美ヶ(うつくしが)原方面周遊の基地。近くに諏訪大社下社秋宮(しもしゃあきみや)・同春宮(はるみや)・高浜湖畔(たかはまこはん)公園などがある。ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温90℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下諏訪温泉
しもすわおんせん

長野県中央部、下諏訪町にある温泉。下諏訪宿とともにできた温泉街で、近代的な旅館街となった上諏訪温泉に比べ宿場町らしい情緒を残している。泉質は単純硫黄(いおう)泉。JR中央本線下諏訪駅下車。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しもすわ‐おんせん しもすはヲンセン【下諏訪温泉】

長野県中央部、下諏訪町にある温泉。泉質は食塩泉、単純泉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下諏訪温泉の関連情報