コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不二絹 ふじぎぬ

2件 の用語解説(不二絹の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

不二絹【ふじぎぬ】

絹織物の一種。経(たて)緯(よこ)とも毛羽をガスの炎で焼いた紡績絹糸を用いて平織にし,精練または精練・漂白する。羽二重に似て光沢があり,やや地が厚く,じょうぶで,無地染またはプリント染としてシャツ,婦人子ども服,和服裾(すそ)回し,襦袢(じゅばん)などにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふじぎぬ【不二絹】

絹紡糸織物。明治末期に富士瓦斯紡績(株)の創製した富士絹が最初。経糸に絹紡双糸,緯糸に絹紡単糸を使った平織の広幅織物。製織後,毛羽を焼きとり,軽い精練仕上げをする。羽二重に比べて光沢がなく弾力に欠けるが肉厚でじょうぶである。無地染,捺染をして洋服地,裏地,夜具,ふろしき等に用いられる。戦前はアメリカオーストラリアインド等に羽二重の代用品として輸出。福井,石川,群馬県で多く織られる。【宮坂 博文】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不二絹の関連キーワード糸織富士絹絹糸紡績絹紡絹紡糸紡績絹糸絹紡縮緬種田健蔵川崎栄助鹿村美久