コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士絹 ふじぎぬ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士絹
ふじぎぬ

不二絹とも書く。経緯に絹紡糸を使った平織の絹織物。自然色で,ふくよかな感じは羽二重 (はぶたえ) に似ているが,密度がやや粗く,光沢が劣る。 1902年頃富士紡績会社が生糸の製糸屑を原料に創製したもので,第2次世界大戦前は盛んに輸出され,世界的に知られた。普通物の平富士絹,縦縞のある縞富士絹,模様を織り出した紋富士絹などがあり,化繊を交織したものもある。白地はワイシャツなど,無地染物は裏地,きもの裾回しなど,友禅染物は和服地,帯地,婦人子供服地,ふろしきなどに用途も広い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐ぎぬ【富士絹/不二絹】

絹紡糸を用いた平織りの絹織物。広幅で無地染めや捺染(なっせん)をして、裾回し・長襦袢(ながジユバン)地・洋服地などに用いる。明治末期、富士瓦斯(ガス)紡績会社が創製したところからの名称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士絹
ふじぎぬ

絹織物の一種で、もと富士瓦斯(ガス)紡績が考案したことからつけられたが、現在では一般化された名称になっている。生地(きじ)は、経緯(たてよこ)糸に紡績絹糸(出殻繭(でがらまゆ)、屑(くず)糸などを処理し、紡績したもの)を使い、一般に平織に織り上げたのち、ガス焼き、精練、柔軟仕上げを施し、羽二重(はぶたえ)のような風合いにしたものである。ワイシャツ地、婦人服地などに使われていたが、現在では消費量は少ない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone