コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士絹 ふじぎぬ

3件 の用語解説(富士絹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士絹
ふじぎぬ

不二絹とも書く。経緯に絹紡糸を使った平織の絹織物。自然色で,ふくよかな感じは羽二重 (はぶたえ) に似ているが,密度がやや粗く,光沢が劣る。 1902年頃富士紡績会社が生糸の製糸屑を原料に創製したもので,第2次世界大戦前は盛んに輸出され,世界的に知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐ぎぬ【富士絹/不二絹】

絹紡糸を用いた平織りの絹織物。広幅で無地染めや捺染(なっせん)をして、裾回し長襦袢(ながジユバン)地・洋服地などに用いる。明治末期、富士瓦斯(ガス)紡績会社が創製したところからの名称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士絹
ふじぎぬ

絹織物の一種で、もと富士瓦斯(ガス)紡績が考案したことからつけられたが、現在では一般化された名称になっている。生地(きじ)は、経緯(たてよこ)糸に紡績絹糸(出殻繭(でがらまゆ)、屑(くず)糸などを処理し、紡績したもの)を使い、一般に平織に織り上げたのち、ガス焼き、精練、柔軟仕上げを施し、羽二重(はぶたえ)のような風合いにしたものである。ワイシャツ地、婦人服地などに使われていたが、現在では消費量は少ない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士絹の関連キーワード平絹絹小倉絹紡糸紙布精好富士絹・不二絹絹紡縮緬勾配織霜降り不二絹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone