コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不安定線 フアンテイセン

デジタル大辞泉の解説

ふあんてい‐せん【不安定線】

寒冷前線の前方の暖域内にしばしば発生する、対流活動の活発な帯状の地域。激しい雷雨・突風などを伴う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふあんていせん【不安定線】

対流活動が活発に行われ、不安定な天気を伴う帯状の部分。主に、寒冷前線の前面の暖気団内に発生する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不安定線
ふあんていせん

寒冷前線の前面の暖域内によく発生する悪天域を伴った線状の領域。スコールラインsquall lineともよばれる。寒冷前線付近で形成され、気圧の上昇、風向の時計回りの急変、突風、雷雨などの現象を伴い、線状をなして寒冷前線から離れるように東方へ移動する。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

不安定線の関連キーワードスコールウトア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android