コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不安定線 フアンテイセン

3件 の用語解説(不安定線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふあんてい‐せん【不安定線】

寒冷前線の前方の暖域内にしばしば発生する、対流活動の活発な帯状の地域。激しい雷雨・突風などを伴う。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不安定線
ふあんていせん

寒冷前線の前面の暖域内によく発生する悪天域を伴った線状の領域。スコールラインsquall lineともよばれる。寒冷前線付近で形成され、気圧の上昇、風向の時計回りの急変、突風、雷雨などの現象を伴い、線状をなして寒冷前線から離れるように東方へ移動する。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone