不法就労(読み)ふほうしゅうろう(英語表記)illegal foreign labor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不法就労
ふほうしゅうろう
illegal foreign labor

外国人が観光などの資格で入国したにもかかわらず,専ら就労して賃金を得る資格外活動と,在留期限が到来しても滞在して就労を継続する資格外活動がらみの不法残留をいう。近年不法就労者は急増しており,1992年の摘発件数は6万 2161人となっている。また法務省によると,92年年初で不法就労者は約 29万人と推計している。国籍別には,フィリピン,タイ,韓国,中国,イランが多く,男女別には従来は女子が多かったが,最近男子が急増し,88年以降は男子が女子を上回っている。また,稼働実態を見ると,男子は建設作業員,工員,女子はホステスが多くなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふほうしゅうろう【不法就労】

外国人が就労資格をもたないで働いていること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不法就労の関連情報