コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那嶺要 ヨナミネカナメ

3件 の用語解説(与那嶺要の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よなみね‐かなめ【与那嶺要】

[1925~2011]プロ野球選手・監督。米国ハワイ州の生まれ。日系2世。本名、ウォーリー=カナメ=ヨナミネ。アメフトから野球に転向、昭和26年(1951)巨人に入団。豪快な盗塁で注目を集めた。引退後、中日の監督に就任。同49年にはリーグ優勝し、巨人の10連覇を阻止した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

与那嶺要 よなみね-かなめ

1925-2011 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
1925年6月24日生まれ。米マイナーリーグをへて,昭和26年巨人に入団。本場仕込みスライディング,たくみなミート打法で首位打者3回。外国人選手さきがけとなる。のち中日。実働12年,通算打率3割1分1厘。47-52年中日監督(49年リーグ優勝)。平成6年野球殿堂入り。平成23年2月28日死去。85歳。ハワイ出身。フェリントン高卒。本名はウォーリー=要=与那嶺。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与那嶺要
よなみねかなめ
(1925―2011)

プロ野球選手(外野手:左投左打)、監督。6月24日、アメリカのハワイ州生まれで、本名はWally Kaname Yonamine。高校時代はアメリカンフットボールで活躍し、1947年にはAAFC(のちNFL)のサンフランシスコ・49ers(フォーティナイナーズ)でプレーした。しかし故障で野球に転向、読売ジャイアンツ(巨人)の誘いを受けて1951年(昭和26)6月に来日した。バント・ヒットでデビューを飾り、7月の国鉄スワローズ(現、東京ヤクルトスワローズ)戦では二盗、三盗、本盗(ホーム・スチール)の1イニング3盗塁を記録、同じ試合でもう一つホーム・スチールを成功させた。スピードと頭脳的な走塁、そしてアメリカ仕込みの攻撃的なスライディングは、日本球界に強い衝撃を与えた。1954年に初の首位打者に輝き、1956年と1957年にも同タイトルを獲得、1957年は最高殊勲選手(現、最優秀選手)にも選ばれ、巨人の第二期黄金時代を支えた。1961年中日ドラゴンズに移籍、翌1962年に現役を引退した。1972年から1977年まで中日の監督を務め、1974年にはリーグ優勝を果たし、名将川上哲治(かわかみてつはる)が率いる巨人の10連覇を阻止した。[出村義和]
 選手としての12年間の通算成績は、出場試合1219、安打1337、打率3割1分1厘、本塁打82、打点482。獲得したおもなタイトルは、首位打者3回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)1回、ベストナイン7回。監督としての通算成績(6年)は、780試合、388勝349敗43分け、勝率5割2分6厘、リーグ優勝1回。1994年(平成6)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『ウォーリー与那嶺・山本茂著『野球を変えた男』(1992・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与那嶺要の関連キーワード大下弘池田豊大杉勝男杉下茂張本勲池永正明越智正典木塚忠助土井正博並木輝男

与那嶺要の関連情報