コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世尊寺行能 せそんじ ゆきよし

美術人名辞典の解説

世尊寺行能

鎌倉中期の公卿・書家・歌人。世尊寺流八代。世尊寺伊経の子。通称は綾小路三位、法名は寂能。修理権大夫、右京大夫などを経て、従三位に至る。多くの歌合に出詠し、『新勅撰集』奏覧本を清書した。世尊寺の三筆の一人。建長3年(1251)存、歿年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

世尊寺行能 せそんじ-ゆきよし

1179-? 鎌倉時代の公卿(くぎょう),書家,歌人。
治承(じしょう)3年生まれ。藤原伊経(これつね)の子。平安時代の書家藤原行成(ゆきなり)の8代目の子孫。行成が邸内に建立した世尊寺を行能が家名にした。嘉禎(かてい)2年従三位,仁治(にんじ)元年62歳で出家。歌は「新古今和歌集」などの勅撰集に49首おさめられている。法名は寂然。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone