世界地溝系(読み)せかいちこうけい

百科事典マイペディアの解説

世界地溝系【せかいちこうけい】

世界リフト系とも。全地球的規模で地球表面に連続する割れ目。大西洋を東西に2分する大西洋中央海嶺には山頂に数百km以上連続する深い裂け目があり,これと浅発地震震央帯,高地殻熱流量帯,地震波の縦波伝搬速度が毎秒7.2〜7.6kmという地殻とマントルの中間的性質をもつ層等が一致している。このような大洋中央海嶺は,必ずしも地溝を伴うとは限らないが,大西洋のみならず北はアイスランド,北極海を経てシベリアからバイカル湖の地溝帯へ続き,南は南極海,インド洋中央海嶺,カールズバーグ海嶺を経て海嶺上の地溝と考えられるアデン湾,紅海から上陸してパレスティナ,ヨルダンの地溝へ続き,一方はアフリカ大地溝帯へ分かれる。インド洋南部の海嶺は東へ延びてニュージーランド,南極へ分岐しながら東太平洋海膨を経て地溝帯のカリフォルニア湾へ続く(サン・アンドレアス断層)。このように世界の大地溝帯は海底の山脈を考えると地球表面の一連の裂け目とみなされる。→プレートテクトニクス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android