コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世阿弥十六部集 ぜあみじゅうろくぶしゅう

4件 の用語解説(世阿弥十六部集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世阿弥十六部集
ぜあみじゅうろくぶしゅう

世阿弥の能楽論集。 1908年安田善之助が入手した堀家旧蔵本を,翌年2月吉田東伍の校訂により,能楽会から『能楽古典・世阿弥十六部集』として出版,初めて世に紹介された。内容は,「風姿花伝 (花伝書,第五まで) 」「花伝書別紙口伝 (第七) 」「五音曲条々」「覚習条々 (若鏡残欠) 」「九位次第」「遊学習道見風書」「至花道書」「二曲三体絵図」「能作書 (三道) 」「曲付書」「風曲集」「習道書」「世子六十以後申楽談儀」「夢跡一紙」「世子七十以後口伝 (却来華) 」「金島集」の 16部,底本は「申楽談儀」のほかはすべて松迺舎文庫 (安田本) であるが,関東大震災で原本は焼失した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜあみじゅうろくぶしゅう〔ゼアミジフロクブシフ〕【世阿弥十六部集】

能楽書。吉田東伍校注。明治42年(1909)刊。世阿弥の伝書16部を翻刻・校訂したもの。能楽研究の基本的資料。「風姿花伝(花伝書)」「花伝書別紙口伝」「至花道」「二曲三体人形図」「三道(能作書)」「花鏡」「曲付次第」「風曲集」「五音曲条々」「遊楽習道風見」「九位」「習道書」「申楽談儀(世子六十以後申楽談儀)」「夢跡一紙」「却来華」「金島書」。のち、世阿弥の伝書は、「花習内抜書(能序破急事)」「音曲声出口伝」「五位」「六義」「五音」「拾玉得花」が発見された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

世阿弥十六部集【ぜあみじゅうろくぶしゅう】

世阿弥の能楽論書。1909年,当時発見されていた著書16種が吉田東伍により公刊されたもので,能楽研究にエポックを画した。その後に発見されたものを加え,現在伝書と認められるものは21部で,《風姿花伝》《花鏡》《至花道》《拾玉得花》《却来華》や,脚本論である《三道(通称,能作書)》,芸談の《申楽談儀》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぜあみじゅうろくぶしゅう【世阿弥十六部集】

吉田東伍校注の世阿弥伝書集。一巻。1909年(明治42)刊。世阿弥元清の能楽論書や伝書など一六部を収録、能楽研究の基本的資料とされている。「花伝書(風姿花伝)」「花伝書別紙口伝」「至花道」「二曲三体人形図」「三道(能作書)」「花鏡」「曲付次第」「風曲集」「五音曲条々」「遊楽習道風見」「九位」「習道書」「世子六十以後申楽談儀」「夢跡一紙」「却来華」「金島書」の一六部。なお、世阿弥の著はのちに、「花習内抜書(能序破急事)」「音曲声出口伝」「五位」「六義」「五音」「拾玉得花」が発見された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世阿弥十六部集の関連キーワード花鏡花伝書能楽論風体安位有主風瑞風無主風槌太夫安田善次郎(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone