コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両世界評論 りょうせかいひょうろん

2件 の用語解説(両世界評論の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

両世界評論【りょうせかいひょうろん】

フランスの文学誌。《La Revue des Deux Mondes》。1829年創刊。1831年―1877年ビュロF.Bulozが主宰し,大デュマバルザックらの作品を掲載して地歩を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両世界評論
りょうせかいひょうろん
Revue des Deux Mondes

1829年、フランスのセギュール・デュペイロンSgur-DupeyronとモーロアProsper Mauroyの創刊した総合雑誌。1832年月2回発行となり、フランソア・ビュロFranois Buloz(1804―77)が主幹になってサント・ブーブ、ユゴー、ビニーらのロマン派文学者の寄稿を得て一流文芸誌となった。1877年ビュロの死後、子息のシャルル・ビュロ、さらにブリュンチエール、ルネ・ドゥーミックRen Doumic(1860―1937)らに引き継がれ、内容も哲学、科学、政治にまで広げられた。19世紀の激動する政治体制のもとで、一貫した政治姿勢が読者の支持を得ていた。ルナン、ポアンカレ、バレスらも寄稿し、20世紀初頭まではつねにフランスを代表する雑誌の一つであった。1969年以降は月1回刊行になる。[菊池映二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両世界評論の関連キーワードCFDT抵抗文学ティボーデCNES仏文学フランスソワールマンデスフランス中川久定広瀬哲士ENA

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone