コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大乗義章 だいじょうぎしょう Da-cheng yi-zhang

4件 の用語解説(大乗義章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大乗義章
だいじょうぎしょう
Da-cheng yi-zhang

中国,隋の浄影寺 (じょうようじ) の慧遠が選述した仏教各派の教義の綱目の解釈書。 20巻。構成は,教聚,義聚,染聚,浄聚,雑聚の5つに分れており,さらに細かく分けて解釈している。仏教学者の宝典として広く読まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいじょうぎしょう〔ダイジョウギシヤウ〕【大乗義章】

中国隋代の仏教書。20巻。慧遠(えおん)著。成立年未詳。仏教教理を5部に分け、大乗小乗にわたって教義を説いたもの。仏教の百科事典的性格をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいじょうぎしょう【大乗義章】

中国、隋代の仏教辞典。二〇巻。浄影寺じようようじの慧遠えおんの著。仏教百科の概論ともいうべきもので、教・義・染・浄・雑に分類、さらに細分して大乗・小乗にわたり教義を説明する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大乗義章
だいじょうぎしょう

中国、南北朝から隋(ずい)にかけて活躍した浄影寺慧遠(じょうようじえおん)(523~592)の主著。26巻。この時代には『大乗義』あるいは『大乗義章』と名づけられる書物が輩出したが、慧遠のものは師の法上(ほうじょう)(495―580)が著した同名の書物に直接準拠していると考えられる。そして慧遠の他の多くの著作のなかで本書について言及しているので、早い時期に著されたとみられる。本書は、〔1〕教聚(きょうじゅ)、〔2〕義法(ぎほう)聚、〔3〕染法(ぜんぽう)聚、〔4〕浄法(じょうほう)聚、〔5〕雑法(ぞうぼう)聚の五聚よりなるが、現存本では最後の雑法聚が欠けている。全部で222のテーマ(義)を取り上げているが、慧遠独特の思想は、義法聚のなかの仏性義(ぶっしょうぎ)、二諦(にたい)義、八識(はっしき)義、浄法聚に所収される涅槃(ねはん)義などにみいだされる。その内容は『大乗涅槃経』と『大乗起信論(きしんろん)』が2本の柱となっており、「仏性縁起(ぶっしょうえんぎ)」を主張する。本書は慧遠の没後、弟子たちによって中国の南北にもたらされ、吉蔵(きちぞう)の三論学、智儼(ちごん)の華厳(けごん)学、基(き)(窺基(きき))の唯識(ゆいしき)学などに大きな影響を与えた。[吉津宜英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大乗義章の関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大乗義章の関連情報