コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並び大名 ナラビダイミョウ

デジタル大辞泉の解説

ならび‐だいみょう〔‐ダイミヤウ〕【並び大名】

歌舞伎で、大名扮装をして、ただ並んでいるだけの役。また、それに扮した俳優。
人数に加わっているだけで、あまり重要ではない人。「並び大名にすぎない役員」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ならびだいみょう【並び大名】

歌舞伎の、殿中の場面などで、主要人物でなく、ただ大名に扮して並んでいるだけの役柄。また、それに扮した下級の役者。
列席しているばかりで何の役にも立たない人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

並び大名
ならびだいみょう

歌舞伎(かぶき)の役の一種。舞台の後方へ大ぜい居並ぶ大名の役をいう。背景のような役目をもち、劇の進行中は一定の形でじっとしているのが原則。『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』の大序(だいじょ)、『曽我(そが)の対面』など例は多い。「並び傾城(けいせい)」「並び腰元」なども同様の用語。転じて、ただ座っているだけで何もしない人をさす一般語に使われる。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

並び大名の関連キーワード仮名手本忠臣蔵役者役柄下級殿中

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android