中使(読み)チュウシ

大辞林 第三版の解説

ちゅうし【中使】

禁中からの使い。勅使。 「 -頻しきりに到て松風の夢を破り/太平記 39

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐し【中使】

〘名〙
① 朝廷・中央機関や地方機関の役職。使者。
※続日本紀‐宝亀九年(778)一〇月乙未「頻有優厚、中使不絶」
※太平記(14C後)三九「光厳院へ御帰有て、暫御座有りけるが、中使頻に至って、松風の夢を破り」 〔杜審言‐扈従出長安応制詩〕
② 双方の間に立って用をする使い。
※随筆・胆大小心録(1808)一〇九「子もなく家産もなき漂泊の老が〈略〉大賀伊賀を中使にしたりし」

なか‐づかい ‥づかひ【中使】

〘名〙 中間に立って両者の意向を伝える使の者。
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「市之進殿帰られては生死の有ることと、中使の下女に隙(ひま)やったれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android