中内功(読み)なかうち いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中内功 なかうち-いさお

1922-2005 昭和後期-平成時代の経営者。
大正11年8月2日生まれ。昭和32年大栄薬品工業を設立し,「主婦の店ダイエー」1号店を大阪開店。45年ダイエーと改称し,社長となる。価格破壊をモットーにチェーンストアを全国に展開し,47年小売り売上高日本一を達成。平成元年からプロ野球球団「福岡ダイエーホークス」を経営。2年経団連副会長。バブル崩壊後の消費低迷と過大な投資のつけでダイエーは業績不振におちいり,13年からは経営の一線から身をひいて流通科学大の運営に専念した。平成17年9月19日死去。83歳。大阪出身。神戸高商(現神戸商大)卒。著作に「わが安売り哲学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

なかうち‐いさお〔‐いさを〕【中内功】

[1922~2005]企業家。大阪の生まれ。昭和32年(1957)大栄薬品工業(ダイエーの前身)を創業同年、大阪にスーパーマーケット「主婦の店ダイエー」を開店。昭和47年(1972)には、小売業での売上高日本一を記録。チェーンストア形態で事業を拡大する。日本チェーンストア協会の初代会長も務めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかうちいさお【中内功】

1922~2005) 実業家。大阪生まれ。神戸高商卒。大阪にスーパーマーケット「主婦の店ダイエー」を開店。以後、全国的にチェーン-ストアを展開し事業を拡大、流通革命を推進した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中内功の関連情報