コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中内功 なかうち いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中内功 なかうち-いさお

1922-2005 昭和後期-平成時代の経営者。
大正11年8月2日生まれ。昭和32年大栄薬品工業を設立し,「主婦の店ダイエー」1号店を大阪で開店。45年ダイエーと改称し,社長となる。価格破壊をモットーにチェーンストアを全国に展開し,47年小売り売上高日本一を達成。平成元年からプロ野球球団「福岡ダイエーホークス」を経営。2年経団連副会長。バブル崩壊後の消費低迷と過大な投資のつけでダイエーは業績不振におちいり,13年からは経営の一線から身をひいて流通科学大の運営に専念した。平成17年9月19日死去。83歳。大阪出身。神戸高商(現神戸商大)卒。著作に「わが安売り哲学」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なかうちいさお【中内功】

1922~2005) 実業家。大阪生まれ。神戸高商卒。大阪にスーパーマーケット「主婦の店ダイエー」を開店。以後、全国的にチェーン-ストアを展開し事業を拡大、流通革命を推進した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

中内功の関連キーワードスーパーマーケット流通革命実業家ストア以後

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中内功の関連情報