コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原忠次郎 なかはら ちゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原忠次郎 なかはら-ちゅうじろう

1848-1866 幕末の商人。
嘉永(かえい)元年生まれ。中原吉兵衛の長男。伯耆(ほうき)(鳥取県)の廻船問屋,下天野屋に生まれ,父とともに勤王派をたすけた。慶応2年長州にむかう託間樊六(はんろく)らと行動をともにしたが,出雲(島根県)手結浦(たえのうら)で松江藩の家臣とたたかい,同年8月3日殺された。19歳。名は年儀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中原忠次郎の関連キーワード一八四八年の革命三月革命アウスグライヒイタリア独立戦争イタリア・オーストリア戦争プロシア=オーストリア戦争マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android