コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山博道 なかやま ひろみち

2件 の用語解説(中山博道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山博道 なかやま-ひろみち

1873-1958 明治-昭和時代の剣道家。
明治6年2月生まれ。山口一刀流をおさめたのち,東京で根岸信五郎神道無念流をまなび,道場有信館でおしえる。居合術,棒術もきわめ,明治以来ただひとりの剣道,居合道,杖術(じょうじゅつ)の三つの範士。昭和33年12月14日死去。85歳。石川県出身。本名は資信(すけのぶ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山博道
なかやまひろみち
(1873―1958)

近代の名剣士。石川県の生まれ。本名資信(すけのぶ)。初め山口一刀流を学び、18歳のとき上京、神道無念(しんとうむねん)流根岸信五郎(ねぎししんごろう)の門に入り、1902年(明治35)免許皆伝を受けてその養子となり、道場有信館(ゆうしんかん)の経営に尽力した。一方、土佐の細川義昌(よしまさ)、大森免久身(めぐみ)について大森流・長谷川英信(はせがわえいしん)流居合(いあい)を、福岡の内田良五郎(りょうごろう)らについて神道無想(むそう)流棒術などを修め、20年(大正9)大日本武徳会から剣道および居合術範士、27年(昭和2)同杖術(じょうじゅつ)範士の称号を授与された。この間、警視庁武道師範をはじめ皇宮警察部、海軍などの剣道師範に任ぜられ、また大日本帝国剣道形および同加註(かちゅう)の制定に参加し、34年、40年の昭和天覧試合には高野佐三郎と同剣道形を演じた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中山博道の言及

【居合】より

…しかし,1895年の大日本武徳会設立を機にしだいに盛んになった。昭和に入ってからは〈居合道〉と称するようになり,中山博道(1873‐1958)らの活躍などもあって広く普及していった。第2次世界大戦後一時中断されたが,やがて復活し,1954年に全日本居合道連盟が結成され,56年には全日本剣道連盟に居合道部が設けられた。…

※「中山博道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中山博道の関連キーワード植田平太郎大麻勇次奥村寅吉小沢愛次郎小沢武川崎善三郎高野佐三郎内藤高治中野宗助堀正平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone