中村秀吉(読み)なかむら ひできち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村秀吉 なかむら-ひできち

1922-1986 昭和時代後期の哲学者。
大正11年7月29日生まれ。東京帝大在学中は数学を専攻し,復員後,哲学にかわる。分析哲学などを通して独自のマルクス主義哲学の構築をめざした。金沢大教授をへて,昭和45年千葉大教授。昭和61年12月25日死去。64歳。埼玉県出身。著作に「論理実証主義とマルクス主義」「科学論の基礎」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android