コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村長八 なかむら ちょうはち

2件 の用語解説(中村長八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村長八 なかむら-ちょうはち

1865-1940 明治-昭和時代前期の司祭。
慶応元年8月2日生まれ。鹿児島県奄美(あまみ)大島で25年にわたりカトリックの布教にあたる。大正11年日系移民の教化のためブラジルにわたる。アマゾンの奥地にまで踏み入って布教,教皇ピウス11世から有功章をおくられた。昭和15年3月14日現地で死去。76歳。肥前松浦郡奥浦(長崎県)出身。長崎神学校卒。洗礼名はドミニコ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村長八

没年:昭和15.3.14(1940)
生年:慶応1.8.2(1865.9.21)
大正昭和期のブラジル伝道の神父。洗礼名はドミンゴス。長崎県五島列島キリシタン家系の出。奄美大島で25年間伝道の後,教皇庁と在ブラジル公使より開拓前線の索漠とした日本移民のために司祭派遣の要請があり,志願して大正13(1924)年60歳でブラジルに渡る。日本人として海外伝道の最初の神父となる。広大な荒野に散在した日本人家族を振分け荷を肩に徒歩や馬で巡回,ときには野宿,毎年9カ月は旅に暮らした。サンパウロとその隣接の州で足跡のおよばぬ所なく,秘蹟を与えるためには唯ひとりの信者でも毎年必ず巡回,それまで日本人を邪教徒視していたブラジル人からも聖人と慕われた。<参考文献>佐藤清太郎『中村神父を思う』

(前山隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村長八の関連キーワードアクレブラジルナッツ洗礼名道の神日系ブラジル人労働者甘糟信綱下村鉄之助シモン円甫田口芳五郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone