コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村静翁 なかむら せいおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村静翁 なかむら-せいおう

1748-1831 江戸時代中期-後期の医師。
寛延元年生まれ。甲斐(かい)(山梨県)で医をまなび,郷里伊豆(いず)下田(静岡県)の里長(庄屋)となる。天明飢饉(ききん)には私財を投じて難民をすくい,また病人を診察しても謝礼をうけなかったという。天保(てんぽう)2年10月9日死去。84歳。名は喜一。字(あざな)は万平。別号連山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村静翁の関連キーワード大槻朝元吉田文三郎(初代)クロプシュトック寛延クロプシュトックイギリス・フランス植民地戦争人間機械論(ラ・メトリの著書)ラ・メトリ元素発見史(年表)コンコルド広場

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android