中条政恒(読み)なかじょう まさつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中条政恒 なかじょう-まさつね

1841-1900 幕末-明治時代の武士,開拓者。
天保(てんぽう)12年3月8日生まれ。中条(ちゅうじょう)精一郎の父。宮本百合子の祖父。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士。明治5年福島県典事となり,大槻原(おおつきはら)(郡山(こおりやま)市開成山)の開拓のため開成社を創設。安積(あさか)全域の開拓と安積疎水開削につくした。明治33年4月14日死去。60歳。本姓は上(かみ)。号は開成山人,磐山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android