コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中根忠吉 なかね ちゅうきち

2件 の用語解説(中根忠吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中根忠吉 なかね-ちゅうきち

1864-1930 明治-大正時代の釣り竿(ざお)師。
元治(げんじ)元年11月14日生まれ。父について修業し,屋号を竿忠(さおちゅう)と称した。刀の鞘(さや)師から刀鞘漆工法をまなび,松皮塗りなどの新技法を考案。明治33年パリ万国博覧会に和竿を出品した。長谷川伸(しん)の戯曲「名人竿忠」のモデル。昭和5年2月3日死去。67歳。江戸出身。俳号は竹林舎雨雀。
【格言など】お台場の澪(みお)の流れは変わるとも世に釣人の用はつきまじ(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中根忠吉

没年:昭和5.2.3(1930)
生年:元治1.11.14(1864.12.12)
明治大正期の東京本所区徳右衛門町の釣り竿師。屋号竿忠。浅草安倍川町の釣り竿師釣音の子。父について修業した。のちに郡山藩のお抱え鞘師山野徳兵衛より刀鞘漆工法の秘伝を受け,釣り竿に「松皮塗り」「錆竹塗り」「煤竹塗り」などの新技法を取り入れる。また材料の伐り出しにも熱心で,常に竹林を探索し,翁竹や雀竹 などの新素材の発見にも努めた。その竿は釣り好きの垂涎の的であったという。「汗ふいて手拭おけば六十四生れかわつて又も竿師ぞ」の自作歌どおり,一生を修業で通した。「恩人が引き返した地点から上の山には登ってはならぬ」など,恩義を大切にした名人の生涯は,長谷川伸が戯曲『名人竿忠』のモデルとし,また講談や浪曲にもなった。3代松本三郎兵衛,釣治(のち竿治)石山治三郎と共に,明治三名人といわれた。<参考文献>中根音吉『竿忠の寝言』

(勝部直達)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中根忠吉の関連キーワード納竿釣り竿小林徳右衛門(初代)小林徳右衛門(2代)鷹野徳右衛門徳右衛門(1)徳右衛門(2)東島徳右衛門牧分徳右衛門グラスロッド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone