コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中沼葵園 なかぬま きえん

2件 の用語解説(中沼葵園の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中沼葵園 なかぬま-きえん

1816-1896 江戸後期-明治時代の儒者。
文化13年5月6日生まれ。京都で鈴木遺音(いおん)にまなぶ。維新では軍事総裁嘉彰(よしあき)親王の参謀となる。のち明治天皇の侍講,昌平学校の一等教授となるが,三条実美らと対立して辞職,京都にかえった。明治29年5月1日死去。81歳。隠岐(おき)(島根県)出身。名は之舜。通称は了三。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中沼葵園

没年:明治29.5.1(1896)
生年:文化13.8.15(1816.9.6)
幕末・明治前期の儒学者。名は之舜,通称了三,葵園は号。隠岐国周吉郡中村(島根県隠岐郡西郷町)で医者中沼養碩,母テツの3男に生まれる。天保6(1835)年京都に出,崎門学派の鈴木遺音に入門。14年京都で学舎を開く。門人には西郷従道,川村純義らがあり,その説くところ大義名分論と尊王論であった。嘉永年間(1848~54)学習院儒官,元治1(1864)年大和十津川に文武館を創設。維新後新政府参与,参謀となり,明治2(1869)年1月明治天皇の侍講となるが,三条実美らと意見対立し,3年12月辞表提出。4年3月愛宕・外山事件への関与を疑われ位記返上,薩摩藩預けとなる。冤罪晴れ帰京するが,神風連の乱(1876)でも疑われる。その後大津にて湖南学舎を開く。<参考文献>中沼郁『もう一つ明治維新

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中沼葵園の関連キーワード朝山素心古賀茶渓西山完瑛漢儒佐々十竹林鵝峰大竹麻谷勝田季鳳林鳳池松井蝸庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone