コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中言 チュウゲン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐げん【中言】

他人が話している途中に口をはさむこと。また、話の途中でさしはさむ、別の話。
「左に小竹藪があり…。―だが、此の小竹藪は決して取り除いてはならぬと」〈蘆花自然と人生
二人の間に立って、一方のことを他方に悪くいうこと。なかぐち。
「此の事誰か―したりけん」〈十訓抄・四〉

なか‐ごと【中言】

中口(なかぐち)2」に同じ。
「けだしくも人の―聞かせかもここだく待てど君が来まさぬ」〈・六八〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうげん【中言】

両者の中間にあって、両方に相手を悪く言うこと。なかごと。なかぐち。 「このこと誰か-したりけむ/十訓 4
人の談話に割り込むこと。 「御-ではござりやすが…/滑稽本・続々膝栗毛」

なかごと【中言】

中口なかぐち 」に同じ。 「汝をと我を人そ放くなるいで我君人の-聞こすなゆめ/万葉集 660

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中言の関連キーワードフェルディナン・ド ソシュールそしりはしり日前国懸神宮水若酢神社冷やぞろおでん滑稽本支へ口誰か中口

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android