コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中言 チュウゲン

4件 の用語解説(中言の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐げん【中言】

他人が話している途中に口をはさむこと。また、話の途中でさしはさむ、別の話。
「左に小竹藪があり…。―だが、此の小竹藪は決して取り除いてはならぬと」〈蘆花自然と人生
二人の間に立って、一方のことを他方に悪くいうこと。なかぐち。
「此の事誰か―したりけん」〈十訓抄・四〉

なか‐ごと【中言】

中口(なかぐち)2」に同じ。
「けだしくも人の―聞かせかもここだく待てど君が来まさぬ」〈・六八〇〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうげん【中言】

両者の中間にあって、両方に相手を悪く言うこと。なかごと。なかぐち。 「このこと誰か-したりけむ/十訓 4
人の談話に割り込むこと。 「御-ではござりやすが…/滑稽本・続々膝栗毛」

なかごと【中言】

中口なかぐち 」に同じ。 「汝をと我を人そ放くなるいで我君人の-聞こすなゆめ/万葉集 660

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中言の関連情報