中身汁(読み)ナカミジル

デジタル大辞泉プラスの解説

中身汁

沖縄県の郷土料理。中身とは沖縄の方言モツ(内臓肉)の。豚の中身を短冊に切ったものを小麦粉で揉み洗いし、たっぷりの湯で数回茹でこぼして臭みをとり、細切りにしたシイタケコンニャクと一緒にだしで煮込んだもの。澄んだ汁物で、薬味におろしショウガを添えてもよい。「中味汁」とも表記する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android