中身汁(読み)ナカミジル

デジタル大辞泉プラスの解説

中身汁

沖縄県の郷土料理。中身とは沖縄の方言モツ(内臓肉)の。豚の中身を短冊に切ったものを小麦粉と塩で揉み洗いし、たっぷりの湯で数回茹でこぼして臭みをとり、細切りにしたシイタケコンニャクと一緒にだし汁で煮込んだもの。澄んだ汁物で、薬味におろしショウガを添えてもよい。「中味汁」とも表記する。「中身の吸物」「ナカミヌウシームン」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報