コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中里貝塚 なかざとかいづか

2件 の用語解説(中里貝塚の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

中里貝塚

東京都北区にある日本最大の貝塚遺跡。約4500年前(縄文時代中期)を中心に形成され、1999年末までの発掘調査で、幅70〜100m、長さ1kmの範囲にわたっており、厚さが最大4.5mの規模と確認された。大半がカキ、ハマグリで、生活跡や土器、獣・魚骨などは少なく、焼け石が敷かれた穴や「木道」、養殖に用いた木杭らしいものも判明した。交易用に貝を生産し加工した「工場」のような施設もあった。これまで「ごみ捨て場」などと見られがちだった雑然とした貝塚とは、かなり異なる貝塚とみられている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

なかざとかいづか【中里貝塚】


東京都北区上中里にある縄文時代の貝塚遺跡。旧東京湾奥部の西側の浜辺に所在。明治年間から注目された貝塚で、1958年(昭和33)に本格的な調査が行われ、厚さ2m以上に及ぶハマグリとマガキからなる貝層が確認された。その後の調査でも、ムクノキ製の丸木船1艘と集石炉2基が出土。1996年(平成8)の調査では、厚さ4mの大規模な貝層と貝の処理施設と考えられる2基の浅い皿状の土坑を検出した。土坑内から大小の焼き石やマガキの塊が出土したことから、土坑中に貝を置いて水を張り、焼き石を入れて水を沸騰させ、貝の口を開けた処理施設と推測される。出土土器から貝層の形成は、縄文時代中期中葉から後期初頭であると推定された。最大約4.5mの厚さの貝層をもち、長さ約1km、幅約70~100mにわたる日本最大級の貝塚として2000年(平成12)に国の史跡に指定された。北区飛鳥山博物館に関係資料を展示。JR東北本線尾久駅または京浜東北線上中里駅から徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中里貝塚の関連キーワード轟貝塚加曽利貝塚東京都北区王子東京都北区上十条東京都北区上中里東京都北区岸町東京都北区志茂東京都北区田端東京都北区中里里木貝塚

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone