至近(読み)しきん

精選版 日本国語大辞典「至近」の解説

し‐きん【至近】

〘名〙 (形動) きわめて距離が近いこと。また、そのさま。
※童子問(1707)中「言極之理、常存乎至近之中也」
歩兵操典(1928)第二〇七「敵の逆襲に対しては〈略〉分隊長以下沈著して至近の所に踏み止り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「至近」の解説

し‐きん【至近】

非常に近いこと。「至近距離」「至近弾」
[類語]手近い程近い近い間近い間近じきすぐ近く目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先身近手近卑近身辺そばかたわわき片方かたえ手もと付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り身の回り・ついそこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android