コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串本節 クシモトブシ

デジタル大辞泉の解説

くしもと‐ぶし【串本節】

和歌山県串本地方の民謡。幕末ごろ、他国の門付けが伝えたものといわれる。囃子詞(はやしことば)から「オチャヤレ節」とよばれ、祭礼の御輿(みこし)行列に歌われていた。のち座敷歌となり、大正末期に全国に広まった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

串本節【くしもとぶし】

和歌山県串本町の民謡。もとは〈おちゃやれ節〉という祭の神輿(みこし)歌であったが,三味線つきの座敷歌となり,大正末期に串本節の名で全国に紹介された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くしもとぶし【串本節】

和歌山県西牟婁(にしむろ)郡串本町の民謡。幕末ごろ門付(かどづけ)芸人などが伝えたともいわれ,《エエジャナイカ節》とよばれていたのが,三味線に合わせた座敷歌になった。今もはやしことばを〈アラヨイショヨーイショ〉でなく,〈エエジャナイカ〉とうたう場合がある。一説には神戸の漫才師を通して京阪地方に広まり,全国に知られるようになったともいう。【仲井 幸二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くしもとぶし【串本節】

串本地方の民謡で、花柳界の酒席の騒ぎ唄。江戸末期、関東地方の小念仏踊りが「おいとこそうだよ」となって伝わり、「おちゃやれ節」となって唄われていたものが、大正末期に現名に改められて流行した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

串本節
くしもとぶし

和歌山県最南端の港町、串本地方の民謡。串本は風待ちや台風の避難港としてにぎわい、港町の酒席の騒(さわ)ぎ唄(うた)として歌われてきた。この唄の源流は、千葉県の粉屋の娘を歌った『白桝(しらます)粉屋』という唄で、これが江戸時代末期に「おいとこそうだよ」という唄を生み、旅芸人か獅子舞(ししまい)かの口から串本地方にも伝えられたものであるという。囃子詞(はやしことば)に伊勢(いせ)お陰参りの「エジャナイカエジャナイカ、オチャヤレ」がつき、「エジャナイカ節」あるいは「オチャヤレ節」になり、神社祭礼の神輿(みこし)行列唄や酒宴の唄として歌われていた。1924年(大正13)アメリカから水陸両用機が串本にきた際、取材で集まった京阪神の新聞記者たちにより紹介され、当時の上方(かみがた)漫才師砂川捨丸(すてまる)がレコードに吹き込んでから、『串本節』として全国的に広まった。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

串本節の関連キーワード大島(和歌山)砂川 捨丸関東地方橋杭岩花柳界斎藤大島

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

串本節の関連情報