コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷風梶之助 たにかぜかじのすけ

7件 の用語解説(谷風梶之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷風梶之助
たにかぜかじのすけ

[生]寛延3(1750).8.8. 仙台
[没]寛政7(1795).1.9.
江戸時代後期の力士。 63連勝の記録をもつ大力士で,江戸勧進相撲の隆昌に大きな功績を残した。寛政1 (1789) 年 11月冬場所興行中の深川八幡宮境内で,吉田司家 (よしだつかさけ) から小野川とともに,最初の横綱土俵入りの儀式の免許を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たにかぜ‐かじのすけ〔‐かぢのすけ〕【谷風梶之助】

[1750~1795]江戸後期の力士。第4代横綱陸奥(むつ)の人。横綱在位4年8か月。優勝21回。63連勝の記録をもつ。一説には、実質的な横綱の初代ともいわれる。→第3代横綱丸山 →第5代横綱小野川

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

谷風梶之助【たにかぜかじのすけ】

力士。陸奥(むつ)の人。19歳のとき関ノ戸の門に入り,1789年第4代横綱。入幕以来47場所,309戦258勝,優勝22回。同時に第5代横綱になった小野川喜三郎と江戸相撲の人気を二分した。
→関連項目雷電為右衛門

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

谷風梶之助

没年:寛政7.1.9(1795.2.27)
生年:寛延3(1750)
江戸時代中期の力士。その名はすぐれた力士の代名詞として200年後の今日も通用している。陸奥国宮城郡霞目村(仙台市)の農夫出身。本名金子与四郎。白石藩にかかえられて相撲の修業をした。明和6(1769)年大関(看板大関)付け出し。この人の前に谷風を名のる力士が12人いたが,この谷風があらわれてからは,谷風といえば仙台の谷風をさす。明治に入っておなじ奥州出身の大男で横綱となった大砲万右衛門がこの名をつぐようにと声がかかったが受けず,大関駒ケ岳も断った。谷風は寛政1(1789)年,小野川喜三郎と共に横綱免許を受けた。史上第4代横綱。189cm,169kg,肥満型である。講談師に有徳の人として語りつたえられて,悪いうわさはすべて対立する小野川にかぶされた。寛政7年流行性感冒のため現役の横綱のまま死去。このためインフルエンザを谷風と呼ぶ。27年間44場所をつとめ負けは14回。連勝63(京坂場所をいれると98連勝)。当時は引き分けと無勝負あずかりが多かったので,伝説としての数字である。小野川が谷風に勝つとこれは同時代のニュースとなり,天明狂歌に「手練せし手を蟷螂がおの川や かつと車のわつといふ声」(菅江),「谷風はまけたまけたと小野川が かつをよりねの高いとり沙汰」(赤良)とよまれている。

(鶴見俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たにかぜかじのすけ【谷風梶之助】

1750‐95(寛延3‐寛政7)
第4代横綱。陸奥国七郷村霞目(現,仙台市)に生まれる。本名金子与四郎。1769年(明和6)初土俵。巨人のため当時流行の看板大関に付け出されたが,伊勢ノ海部屋入門前に伊達氏の重臣白石城主片倉氏に召し抱えられ相撲を修業していた。現役中の95年,流行性感冒のため帰郷療養中病没。このため江戸では感冒を〈谷風〉といっておそれたという。その間27年44場所,負けはわずか14回,63連勝,京坂場所を入れると98連勝,天下無敵の名をとどろかせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たにかぜかじのすけ【谷風梶之助】

江戸時代の力士。特に二代目(1750~1795)の第四代横綱が有名。陸奥の人で、二百番以上の対戦中負けは一一番であったという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷風梶之助
たにかぜかじのすけ
(1750―1795)

江戸時代の強豪力士。寛延(かんえん)3年、仙台市若林区霞目に生まれる。幼名与四郎。生家は代々金子弥右衛門と名のった。谷風は江戸力士関ノ戸億右衛門(のち2代伊勢ノ海(いせのうみ))の仙台巡業中にみいだされ、1769年(明和6)19歳のとき江戸深川八幡(はちまん)興行に、巨体のため当時の風習である看板大関として初土俵を踏み、以後、95年(寛政7)45歳で現役中に帰郷してかぜのため病死するまで27年間、江戸、大坂、京都の大場所を70場所勤め、負けはわずか20回で三都に天下無敵の名をとどろかした。仙台伊達(だて)家の抱え力士で、89年好敵手小野川とともに初めて横綱土俵入り免許を受け、現在は4代目横綱に数えられている(3代目までは架空)。身長189センチメートル、体重169キログラムのあんこ型巨人で、7場所連続無敗の記録が2回あり、多くの錦絵(にしきえ)肖像画が残されている。[池田雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の谷風梶之助の言及

【小野川喜三郎】より

…大坂相撲から1779年(安永8)江戸へ出て二段目筆頭(いまの十両)に付け出される。久留米有馬侯に召し抱えられ,当時8場所土つかずの谷風梶之助を破り,〈谷風は負けた負けたと小野川や かつをよりねの言いとり沙汰〉と蜀山人の狂歌で大評判となった。この時期,勧進相撲は黄金時代を迎え,徳川将軍上覧相撲にそなえ,89年(寛政1)谷風とともに前例のない横綱土俵入り免許を受けて観客の目を見張らせた。…

【寛政力士伝】より

…講談。4代横綱谷風とその弟子雷電および小野川の3名の力士を中心に,佐野山の孝心,稲川の義俠などを描く。なかでも谷風の七善根,雷電の封じ手,小野川雷電遺恨相撲などがおもしろい。小田原の仇討相撲は一席物として今日でもよく演じられる。これを語って有名な真竜斎貞水(しんりゆうさいていすい)(のちに早川貞水,1917没)は国技館木戸御免であったし,貞鏡時代の1896年に《寛政力士伝》を刊行した。【吉沢 英明】…

【横綱】より

…横綱に関する古文書は少なく,1773年(安永2)に行司式守五太夫の書いた伝書によると,その起源は,城や屋敷を建てるときの地鎮祭に大関2人を招き,おはらいの地踏みを行ったが,その儀式免許を京都五条家が〈横綱之伝〉を許すといったことから始まったとされる。これを職業相撲の興行の土俵に移したのが吉田司(よしだつかさ)家で,89年(寛政1)11月場所中に,初めて谷風梶之助小野川喜三郎の両関脇(実力大関)に,〈横綱〉というしめ縄を腰にまとって土俵入りする免許を与えた。当時,横綱は腰にまとったしめ縄をさすのみで,もちろん番付には関係がなく,また大関の称号でもなかった。…

※「谷風梶之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

谷風梶之助の関連キーワード断髪式巴戦控力士綾川五郎次(1)石槌嶋之助鏡山沖之右衛門釈迦ケ岳雲右衛門谷風梶之助(初代)八角楯右衛門あんま

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷風梶之助の関連情報