コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸駒温泉 まるこまおんせん

2件 の用語解説(丸駒温泉の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

まるこまおんせん【丸駒温泉】

北海道千歳市、支笏しこつ湖北岸にある食塩泉。恵庭岳登山の根拠地。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸駒温泉
まるこまおんせん

北海道南西部、千歳(ちとせ)市にある温泉。支笏(しこつ)湖の北岸、恵庭(えにわ)岳山麓(ろく)にあり、1915年(大正4)から開かれているが、旅館は1軒しかない。支笏湖の湖上遊覧の寄港地で、また恵庭岳登山の基地となっている。湖岸沿いに道路があり、秘境オコタンペ湖の探勝もできるため、来訪者は多い。泉質は塩化物泉。湖畔には野天風呂(ぶろ)もある。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone