コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支笏湖 しこつこ

7件 の用語解説(支笏湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支笏湖
しこつこ

北海道南西部,千歳市西部にあるカルデラ湖。面積 78.4km2,周囲約 40km,最大水深約 360m,湖面標高約 250mで,日本最北の不凍湖。湖面全域にわたる結氷の記録は,1913年から数回にとどまる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しこつ‐こ【支笏湖】

北海道千歳(ちとせ)市西部にあるカルデラ湖田沢湖に次ぐ日本第2の深度をもち、冬に結氷しない。面積78.4平方キロメートル。水深360.1メートル。ここの水が伏流水となり、ナイベツ湧水を形成している。「支笏」はアイヌ語「シ‐コツ(大きなくぼみ)」という千歳川の古名から。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

支笏湖【しこつこ】

北海道南西部,千歳市西部にあるカルデラ湖で,支笏洞爺国立公園の一中心。標高248m,面積78.48km2。北西の恵庭岳,南東の風不死(ふっぷし)岳,樽前山などの火山が外輪山を形成する。
→関連項目恵庭岳尻別川樽前山千歳[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しこつこ【支笏湖】

北海道南西部,千歳市の西部にあるカルデラ湖。面積77.3km2,周囲40km,サロマ湖屈斜路湖に次ぎ北海道で3番目に大きい湖である。最大深度360m,平均深度255mで,いずれも田沢湖に次ぎ日本で2番目に深い湖であって,水量は琵琶湖に匹敵する。透明度25mの貧栄養湖で,湖面標高は248m,平年の冬には結氷せず,不凍湖の北限となっている。新第三系火山岩からなる高原状の地形が,洪積世末の噴火により大量の溶結凝灰岩を噴出して陥没を生じた直径12kmの円形のカルデラに湛水したもので,その後南壁に風不死(ふつぷし)岳,ついで北壁に恵庭(えにわ)岳が生じ,現在のような南北がくびれた繭形のカルデラ湖となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しこつこ【支笏湖】

北海道南西部にあるカルデラ湖。不凍湖。湖北に恵庭えにわ岳、南方に樽前たるまえ山がそびえる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕支笏湖(しこつこ)


北海道南西部にあるカルデラ湖。面積78.4km2。最大水深360.1mで、秋田県の田沢(たざわ)湖に次ぎ日本第2位。日本最北の不凍湖。北岸に恵庭(えにわ)岳、南岸に風不死(ふっぷし)岳・樽前(たるまえ)山がある。東岸から千歳(ちとせ)川が流出。冬季を除き遊覧船が運航。釣り・キャンプが盛ん。湖岸の支笏湖温泉・丸駒(まるこま)温泉などは観光基地ともなる。支笏洞爺(とうや)国立公園の一中心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

支笏湖
しこつこ

北海道南西部、千歳(ちとせ)市西部にある標式的カルデラ湖。周囲40キロメートル、面積77.3平方キロメートル、水面標高248メートル、最深部360.1メートルで国内第二の深さをもち、冬も結氷しない。約3万年前のビュルム氷期に大火山活動があり、その軽石流は札幌市南部、馬追(うまおい)丘陵東部にまで及んでいる。この溶結凝灰岩の噴出により、円形のカルデラができたが、その後、北部に恵庭岳(えにわだけ)、対称地点に風不死岳(ふっぷしだけ)、樽前山(たるまえさん)が噴出し、繭型の湖岸となった。東側のカルデラ壁を破って千歳川が流出し、その出口付近に狭い平地があって、観光ホテル、土産物(みやげもの)店、バスセンターなどが立地するが、大部分はカルデラ壁が水面に迫って急崖(きゅうがい)をつくり、静寂な趣(おもむき)を残している。1972年(昭和47)の札幌オリンピックのとき、北壁の恵庭岳が滑降コースになり、湖岸を決勝点としたが、その後撤去された。北西側の湖岸に、支笏湖いとう、丸駒(まるこま)、東岸に支笏湖の各温泉が湧出(ゆうしゅつ)し、湖上遊覧船で湖畔の基地と結ぶほか、湖畔道路、支笏湖国道などが利用される。阿寒(あかん)湖から移入されたヒメマスの養殖が成功し、夏のチップ釣り(ヒメマスのアイヌ名)が名物になっている。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

支笏湖の関連キーワード北海道千歳市青葉北海道千歳市稲穂北海道千歳市寿北海道千歳市中央北海道千歳市花園北海道千歳市美々北海道千歳市富士北海道千歳市平和北海道千歳市都北海道千歳市大和

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

支笏湖の関連情報