支笏湖(読み)しこつこ

日本大百科全書(ニッポニカ)「支笏湖」の解説

支笏湖
しこつこ

北海道南西部、千歳市(ちとせし)西部にある標式的カルデラ湖。周囲40キロメートル、面積77.3平方キロメートル、水面標高248メートル、最深部360.1メートルで国内第二の深さをもち、冬も結氷しない。約3万年前のビュルム氷期に大火山活動があり、その軽石流は札幌市南部、馬追(うまおい)丘陵東部にまで及んでいる。この溶結凝灰岩の噴出により、円形のカルデラができたが、その後、北部に恵庭岳(えにわだけ)、対称地点に風不死岳(ふっぷしだけ)、樽前山(たるまえさん)が噴出し、繭型の湖岸となった。東側のカルデラ壁を破って千歳川が流出し、その出口付近に狭い平地があって、観光ホテル、土産物(みやげもの)店、バスセンターなどが立地するが、大部分はカルデラ壁が水面に迫って急崖(きゅうがい)をつくり、静寂な趣(おもむき)を残している。1972年(昭和47)の札幌オリンピックのとき、北壁の恵庭岳が滑降コースになり、湖岸を決勝点としたが、その後撤去された。北西側の湖岸に、支笏湖いとう、丸駒温泉(まるこまおんせん)、東岸に支笏湖温泉の各温泉が湧出(ゆうしゅつ)し、湖上遊覧船で湖畔の基地と結ぶほか、湖畔道路、支笏湖国道などが利用される。阿寒(あかん)湖から移入されたヒメマスの養殖が成功し、夏のチップ釣り(ヒメマスのアイヌ名)が名物になっている。

[奈良部理]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「支笏湖」の解説

支笏湖
しこつこ

北海道西部千歳市西部にあるカルデラ湖。面積 78.4km2,周囲約 40km,最大水深約 360m,湖面標高約 250mで,日本最北の不凍湖。湖面全域にわたる結氷の記録は,1913年から数回にとどまる。第四紀更新世末期に円形カルデラ陥没して形成されたが,完新世になってから風不死岳(1103m),恵庭岳(1320m),樽前山(1041m)の 3火山噴出により,繭形に変形した。石狩川の支流千歳川から排水されている。原生のアメマス,イワナが生息するほか,ヒメマスが養殖されている。湖畔にはオコタン,丸駒などの温泉や,モラップ,幌美内(ぽろぴない),美笛(びふえ)などのキャンプ場があり,支笏洞爺国立公園の一部をなす。1972年の札幌オリンピック冬季競技大会を機に,道路の新設,改良が進み,札幌,千歳苫小牧からの定期バスがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「支笏湖」の解説

支笏湖【しこつこ】

北海道南西部,千歳市西部にあるカルデラ湖で,支笏洞爺国立公園の一中心。標高248m,面積78.48km2。北西の恵庭岳,南東の風不死(ふっぷし)岳,樽前山などの火山が外輪山を形成する。最深は日本第2位の360.1mで湖底は海面下に達する。貧栄養湖であるが,阿寒湖から移植されたヒメマスが成育。
→関連項目恵庭岳尻別川樽前山千歳[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「支笏湖」の解説

しこつ‐こ【支笏湖】

北海道千歳(ちとせ)市西部にあるカルデラ湖田沢湖に次ぐ日本第2の深度をもち、冬に結氷しない。面積78.4平方キロメートル。水深360.1メートル。ここの水が伏流水となり、ナイベツ湧水を形成している。「支笏」はアイヌ語「シ‐コツ(大きなくぼみ)」という千歳川の古名から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「支笏湖」の解説

しこつ‐こ【支笏湖】

北海道千歳市西部にあるカルデラ湖。日本最北の不凍湖で、支笏洞爺国立公園の一中心。ヒメマスなどが釣れる。最大水深は三六〇メートルで日本第二位。面積七八・四平方キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「支笏湖」の解説

しこつこ【支笏湖】

北海道南西部,千歳市の西部にあるカルデラ湖。面積77.3km2,周囲40km,サロマ湖,屈斜路湖に次ぎ北海道で3番目に大きい湖である。最大深度360m,平均深度255mで,いずれも田沢湖に次ぎ日本で2番目に深い湖であって,水量琵琶湖に匹敵する。透明度25mの貧栄養湖で,湖面標高は248m,平年の冬には結氷せず,不凍湖の北限となっている。新第三系の火山岩からなる高原状の地形が,洪積世末の噴火により大量の溶結凝灰岩を噴出して陥没を生じた直径12kmの円形のカルデラに水したもので,その後南壁に風不死(ふつぷし)岳,ついで北壁に恵庭(えにわ)岳が生じ,現在のような南北がくびれた繭形のカルデラ湖となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android