コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹前節 タンゼンブシ

デジタル大辞泉の解説

たんぜん‐ぶし【丹前節】

江戸前期、承応~寛文(1652~1673)のころ、江戸の遊里で流行した歌謡。丹前風呂の湯女(ゆな)吉野が始めたものという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんぜんぶし【丹前節】

江戸時代の小唄の一。寛文年間(1661~1673)に流行。丹前風呂の湯女ゆな吉野が、唄い始めたものという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

丹前節の関連キーワード承応松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門南アフリカ共和国浅見絅斎王鐸勝山

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone