丹波木綿(読み)たんばもめん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹波木綿
たんばもめん

木綿織物の一種。兵庫県丹波市,篠山市一帯で江戸時代から手工業で生産された。原糸はすべて手紡ぎなので,織り上がりに独特の風合いがありじょうぶである。縞織,絣織,中型染,板締染,筒書染などの技法で加飾し,ふとん側や衣服に用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

丹波木綿[染織]
たんばもめん

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
篠山市で製作されている。丹波地域では江戸時代の宝永年間(1704年〜1711年)頃に良質の綿が盛んに生産され、衣料として手織りの木綿が製造されていた。明治時代には機械化による大量生産が進み徐々に衰退していったが、1973(昭和48)年頃から篠山市栗柄地区で手織木綿の生産が再開、復活した。兵庫県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android