主従は三世(読み)しゅうじゅうはさんぜ

精選版 日本国語大辞典「主従は三世」の解説

しゅうじゅう【主従】 は 三世(さんぜ)

主従の関係は現在はもとより、過去にも未来にも因縁(いんねん)が深いということ。「親子は一世」「夫婦は二世」に対していう。三世の縁。
※大観本謡曲・巴(室町末)「この旨を、背かば主従(しゅうじゅう)、三世(ぜ)の契り絶え果て、永く不興と宣へば」

しゅじゅう【主従】 は 三世(さんぜ)

浄瑠璃・牛若千人斬(1679)四「げにやしゅじうは三世の機縁と聞なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android