コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久下田 くげた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久下田
くげた

栃木県南東部,真岡市南部の旧二宮町の中心地区。天文14(1545)年に置かれた下館城出城から発達した城下町で,市場町。古くから久下田木綿の産地として知られ,その取り引きのため六斎市も開かれて関東各地から商人が集まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久下田
くげた

栃木県真岡(もおか)市南部の一地区。旧久下田町。中世、水谷蟠竜(ばんりゅう)(下館(しもだて)城主)の支城の城下町として発展、近世には幕府直轄領として下館代官の配下となり、久下田木綿(もめん)の産地として栄えた。明治以降は近郷の農産物の集散地となり、1912年(明治45)に官設真岡軽便線(現、真岡鉄道)が通じ、久下田駅が開設された。鉄道と平行して、国道294号と408号が走る。[村上雅康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の久下田の言及

【二宮[町]】より

…小貝川,五行川,鬼怒川が南流し,沿岸低地に水田が広がる。中心集落は真岡鉄道線の駅がある久下田(くげた)で,戦国時代後期に水谷(みずのや)氏が築いた久下田城の城地の一画であった。米作のほか,ビニルハウスによるイチゴ栽培が盛んで,京浜市場に出荷される。…

※「久下田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

久下田の関連キーワード日立エーアイシー久保市三郎桜町陣屋跡専修寺境内二宮[町]水谷正村水谷蟠竜館城

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久下田の関連情報