コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久下田 くげた

2件 の用語解説(久下田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久下田
くげた

栃木県南東部,真岡市南部の旧二宮町の中心地区。天文14(1545)年に置かれた下館城の出城から発達した城下町で,市場町。古くから久下田木綿の産地として知られ,その取り引きのため六斎市も開かれて関東各地から商人が集まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久下田
くげた

栃木県真岡(もおか)市南部の一地区。旧久下田町。中世、水谷蟠竜(ばんりゅう)(下館(しもだて)城主)の支城の城下町として発展、近世には幕府直轄領として下館代官の配下となり、久下田木綿(もめん)の産地として栄えた。明治以降は近郷の農産物の集散地となり、1912年(明治45)に官設真岡軽便線(現、真岡鉄道)が通じ、久下田駅が開設された。鉄道と平行して、国道294号と408号が走る。[村上雅康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久下田の言及

【二宮[町]】より

…小貝川,五行川,鬼怒川が南流し,沿岸低地に水田が広がる。中心集落は真岡鉄道線の駅がある久下田(くげた)で,戦国時代後期に水谷(みずのや)氏が築いた久下田城の城地の一画であった。米作のほか,ビニルハウスによるイチゴ栽培が盛んで,京浜市場に出荷される。…

※「久下田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久下田の関連キーワード真岡栃木県真岡市荒町栃木県真岡市沖栃木県真岡市鹿栃木県真岡市島栃木県真岡市田町栃木県真岡市中栃木県真岡市東郷栃木県真岡市南高岡栃木県真岡市物井

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久下田の関連情報