コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田礼斎 くぼた れいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田礼斎 くぼた-れいさい

?-? 江戸時代後期の医師。
文政(1818-30)のころの陸奥(むつ)宮古(岩手県)の人。江戸で医術をおさめ,亀田鵬斎(ほうさい)に儒学をまなぶ。のち盛岡藩主南部氏の侍医をつとめた。通称は元順。著作に「黒森山縁起」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久保田礼斎の関連キーワードサウド家フォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政アルフェドソンガーイクワールドゥラーニー朝

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android