コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久楽(初代) きゅうらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久楽(初代) きゅうらく

1748-1830 江戸時代中期-後期の陶工。
寛延元年生まれ。京都の千家に出入りし,楽焼茶器をつくり,赤楽にすぐれた。晩年は出家して茶道に親しんだ。文政13年8月25日死去。83歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。姓は木村通称弥助(介)。号は啄元。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久楽(初代)の関連キーワード後期陶工

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android