コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙艇元津 いってい げんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙艇元津 いってい-げんしん

1661-1734 江戸時代前期-中期の僧。
万治4年2月16日生まれ。黄檗(おうばく)宗。元禄(げんろく)15年悦山道宗の法をつぐ。長門(ながと)(山口県)府中藩主の毛利元朝にまねかれ覚苑寺の住持となり,興禅寺をひらく。享保(きょうほう)6年大坂の舎利尊勝寺をついだ。享保19年7月11日死去。74歳。大坂出身。号は一艇ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

乙艇元津の関連キーワード隠元平敷屋朝敏シャルダンブルボン朝ボルテールホークスムアコアペルホークスムア桂川甫筑順治帝

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android