コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳管拡張症 にゅうかんかくちょうしょう Mammary Duct Ectasia

1件 の用語解説(乳管拡張症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にゅうかんかくちょうしょう【乳管拡張症 Mammary Duct Ectasia】

[どんな病気か]
 比較的まれな疾患です。なんらかの原因で拡張した乳管へ分泌液(ぶんぴつえき)がたまり、この分解産物の化学的刺激により乳管の周囲に炎症がおこる病気です。乳管拡張症は閉経前後に発症します。
 乳管拡張の原因は、乳管壁が破壊されておこる二次的な変化と考えられます。乳管壁の破壊のおもな原因は、若いときの乳管の慢性炎症で、病気としては慢性乳腺炎(まんせいにゅうせんえん)(「慢性乳腺炎」)が原因の1つと考えられます。なお、授乳との関係は少ないようです。
[症状]
 非周期性の乳腺痛、乳頭(にゅうとう)からの異常分泌、乳頭陥没(にゅうとうかんぼつ)、乳輪下(にゅうりんか)のしこり、皮膚のただれ、へこみ、痛みなどがあります。しこりに触れるとかたく、境界が不明瞭乳がんに類似しており、その横のわきの下に、腫(は)れたリンパ節を触れることがあります。
 一般に、触診(しょくしん)、理学検査では乳がんとの鑑別が困難なので、外科の乳腺専門医の診察を受ける必要があります。
[治療]
 マンモグラフィー(乳腺X線検査)、超音波検査、乳頭異常分泌液の細胞検査、さらに細菌検査を行なって、確定診断がつけば、拡張あるいは肥厚(ひこう)(厚みを増してふくれた状態)した乳管を含め、病巣(びょうそう)部位を切除します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

乳管拡張症の関連キーワード小児慢性特定疾患ウィルソン病尿崩症左派何心地不死身基礎疾患高ヒスチジン尿循環器疾患全身エリテマトーデス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone