コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀谷凌雲 かめがい りょううん

1件 の用語解説(亀谷凌雲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀谷凌雲 かめがい-りょううん

1888-1973 大正-昭和時代の牧師。
明治21年4月9日,富山県新庄町(富山市)の真宗大谷派正願寺に生まれる。東京帝大で宗教学を専攻。金森通倫(つうりん)の影響をうけ,大正6年寺の住職を弟にゆずり受洗,宗門から除名される。のち東京神学社でまなび,生涯を郷里での伝道につくした。昭和48年3月16日死去。84歳。著作に「仏教から基督へ」。
【格言など】飛躍は要るが今一歩進めばキリスト教の絶対唯一神教に至るのだ。飛躍せよ,真宗の徒よ,今一歩(「仏教から基督へ」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

亀谷凌雲の関連キーワード富田満伊藤馨内田壮大下角一小崎道雄綱島佳吉原田助比嘉静観武藤健柳原貞次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone