コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事上磨練 じじょうまれんshì shàng mó liàn

世界大百科事典 第2版の解説

じじょうまれん【事上磨練 shì shàng mó liàn】

中国,明代の思想家王守仁(陽明)の実践論。強固な実践主体を確立するために具体的な実践の場で自己練磨すること。実践倫理を標榜する思想家はだれもが主張することであるが,王陽明がとりわけ,朱子学の実践論が知識の域にとどまるおそれの濃厚なことを配慮して,反措定としてのべた。主体が客体との緊張関係のもとに客体の本質を体認理解し,それとの正しい主客関係を樹立することをめざしたものである。単なるやみくもな実践強調ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android