コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事上磨練 じじょうまれん shì shàng mó liàn

1件 の用語解説(事上磨練の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じじょうまれん【事上磨練 shì shàng mó liàn】

中国,明代の思想家,王守仁(陽明)の実践論。強固な実践主体を確立するために具体的な実践の場で自己練磨すること。実践倫理を標榜する思想家はだれもが主張することであるが,王陽明がとりわけ,朱子学の実践論が知識の域にとどまるおそれの濃厚なことを配慮して,反措定としてのべた。主体が客体との緊張関係のもとに客体の本質を体認理解し,それとの正しい主客関係を樹立することをめざしたものである。単なるやみくもな実践強調ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

事上磨練の関連キーワード王守仁王陽明尸子慎到申不害鄒衍伝習録陸九淵李贄梁漱溟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone