事上磨練(読み)じじょうまれん(英語表記)shì shàng mó liàn

世界大百科事典 第2版の解説

じじょうまれん【事上磨練 shì shàng mó liàn】

中国,明代の思想家王守仁(陽明)の実践論。強固な実践主体を確立するために具体的な実践の場で自己練磨すること。実践倫理を標榜する思想家はだれもが主張することであるが,王陽明がとりわけ,朱子学の実践論が知識のにとどまるおそれの濃厚なことを配慮して,反措定としてのべた。主体が客体との緊張関係のもとに客体の本質を体認理解し,それとの正しい主客関係を樹立することをめざしたものである。単なるやみくもな実践強調ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じじょう‐まれん ジジャウ‥【事上磨練】

〘名〙 王陽明が学問修行に際して説いたことばで、観念の中ではなく、実際の行動の中で知識を磨き、精神を練ること。〔伝習録‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる