事文類聚(読み)ジブンルイシュウ

デジタル大辞泉の解説

じぶんるいしゅう【事文類聚】

中国の類書。170巻。の祝穆(しゅくぼく)編。1246年成立。「芸文類聚」の体裁に倣い、古典の事物詩文などを分類したもの。のちにの富大用が新集36巻・外集15巻を、祝淵が遺集15巻を追加し、総計236巻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じぶんるいじゅう【事文類聚】

中国の類書。宋の祝穆編。前集六〇巻、後集五〇巻、続集二八巻、別集三二巻。淳祐六年(一二四六)成立。「芸文類聚」「初学記」の体裁にならい古今の群書の要語・事実・詩文を集め分類したもの。ただし、現行本には富大用などの手が加えられているという。元の富大用が新集三六巻、外集一五巻、祝淵が遺集一五巻を追加。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android