コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲食業 いんしょくぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

いんしょくぎょう【飲食業】

飲食は,自宅におけるものを除くと,第1に学校,病院,企業等の集団給食施設,第2に独立した店舗,ホテル,小売業等に付帯した店舗による食堂の二つに大別される施設によって提供される。後者は,さらに食事を主とする場合と,酒,コーヒーなど飲物を主とする場合とに大別される。飲食業とはこれらを供給する産業であるが,家庭での食事に対するものとして近年は外食産業という言葉も定着した。飲食業の歴史については〈飲食店〉〈料理店〉の項を参照されたい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

飲食業の関連キーワード少子高齢化が促すサービスロボット開発英国のバングラデシュ系移民オエノンホールディングス県内各地の空き店舗対策ファミリーレストラン福岡市屋台指導要綱かぼちゃの花の純情マーシー ワーク大山(神奈川県)国民生活金融公庫国の緊急保証制度ファーストフード北海道中央バス北海道旅客鉄道アリス ワーク各務原キムチ松本電気鉄道名古屋(市)外国人労働者職業安定法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飲食業の関連情報