コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条為藤 にじょう ためふじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条為藤 にじょう-ためふじ

1275-1324 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建治(けんじ)元年生まれ。二条為世の次男。父に和歌をまなび,「続後拾遺和歌集」の撰者となったが中途で没した。冷泉為相(れいぜい-ためすけ),飛鳥井(あすかい)雅孝らと親交があった。歌は勅撰集新後撰和歌集」,私撰集「続現葉和歌集」などに収録されている。正二位,中納言元亨(げんこう)4年7月17日死去。50歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

二条為藤

没年:正中1.7.17(1324.8.7)
生年:建治1(1275)
鎌倉時代後期の歌人。父は権大納言為世,母は賀茂氏久の娘。正二位中納言に至る。嘉元1(1303)年『嘉元百首』,元亨3(1323)年『亀山殿七百首』などに出詠,父為世の『続千載和歌集』選進に協力。その後,父の推挙によって『続後拾遺和歌集』の選者となったが,その選の半ばで没した。『増鏡』は,「父よりは少し思ふところ加へたるぬし」(父の為世より少し思慮の深い人物)である為藤の助力が,『続千載集』に趣深さをもたらしたという,当時の世評を伝える。<参考文献>井上宗雄『改定新版 中世歌壇史の研究/南北朝期』

(加藤睦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

二条為藤の関連キーワード二条為明二条為忠井上宗雄公卿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android