コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条為藤 にじょう ためふじ

2件 の用語解説(二条為藤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条為藤 にじょう-ためふじ

1275-1324 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建治(けんじ)元年生まれ。二条為世の次男。父に和歌をまなび,「続後拾遺和歌集」の撰者となったが中途で没した。冷泉為相(れいぜい-ためすけ),飛鳥井(あすかい)雅孝らと親交があった。歌は勅撰集「新後撰和歌集」,私撰集「続現葉和歌集」などに収録されている。正二位,中納言。元亨(げんこう)4年7月17日死去。50歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

二条為藤

没年:正中1.7.17(1324.8.7)
生年:建治1(1275)
鎌倉時代後期の歌人。父は権大納言為世,母は賀茂氏久の娘。正二位中納言に至る。嘉元1(1303)年『嘉元百首』,元亨3(1323)年『亀山殿七百首』などに出詠,父為世の『続千載和歌集』選進に協力。その後,父の推挙によって『続後拾遺和歌集』の選者となったが,その選の半ばで没した。『増鏡』は,「父よりは少し思ふところ加へたるぬし」(父の為世より少し思慮の深い人物)である為藤の助力が,『続千載集』に趣深さをもたらしたという,当時の世評を伝える。<参考文献>井上宗雄『改定新版 中世歌壇史の研究/南北朝期』

(加藤睦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二条為藤の関連キーワード庭田重保二条為定二条為世園基理六条有栄藤原為世権大納言駿河大納言大納言局(2)坊城房子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone