二階堂行氏(読み)にかいどう ゆきうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階堂行氏 にかいどう-ゆきうじ

1221-1271 鎌倉時代の武士。
承久3年生まれ。二階堂元行の子。仁治(にんじ)元年父から相模(さがみ)(神奈川県)懐嶋殿原郷(ふところじまとのばらのごう)など6ヵ所の地頭職(しき)をつぎ,幕府の承認をうける。宝治(ほうじ)元年には安房(あわ)(千葉県)北郡の地頭職をあたえられる。弘長(こうちょう)3年出家。文永8年6月7日死去。51歳。通称は隠岐三郎左衛門尉。法名は道智。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android