互に(読み)たがいに

精選版 日本国語大辞典「互に」の解説

たがい【互】 に

① 二人以上あるいは二つ以上のものが、同一の対象に対して同じような事をするさま。また、同じ状態にあるさま。双方とも。それぞれ。たがえに。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「(タガヒ)に相ひ讒(しこ)ち諂(へつら)ひつつ」
※平家(13C前)七「さてはたがひによい敵ぞ」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉八「殆ど物を言はなくても、互(タガヒ)に意志を通じ得られるやうになってゐたお玉」
② 両者が代わりあってするさま。かわるがわる。交互に。
※霊異記(810‐824)中「雄の烏〈略〉食を求めて行ける頃(あひだ)、他の烏逓(タガヒ)に来たりて婚(つる)ぶ。〈国会図書館本訓釈 逓 タカヒニ〉」
※土左(935頃)承平五年一月九日「これかれたがひに、くにのさかひのうちはとて、見送りに来る人あまたがなかに」
[語誌](1)平安初期から用いられ、主として訓点資料など漢文系資料に見られる。平安期の典型的な和文系資料である枕草子、源氏物語、紫式部日記、更級日記などには見られない。
(2)語の成り立ちが動詞「たがふ」の名詞形と格助詞「に」によっているところからも推測できるように、「たがいちがいに」「それぞれに」が元来の意味である。
(3)②の意味は、平安中期の和文系資料においては、「かたみに」が担っていた。→「かたみに(互━)」の語誌

かたみ‐に【互に】

〙 同一の行動、心情を、二人以上の人間が、交互に、あるいは同時に相手に対してとる状態を表わす語。たがいに。かわるがわる。相互に。
※伊勢物語(10C前)五〇「あだくらべかたみにしける男女の、忍びありきしけることなるべし」
読本・椿説弓張月(1807‐11)続「みなその権威にや怕(おそ)れけん。(カタミ)に面(おもて)をあはしつつ、ふたたび言を出すものなし」
[語誌]主として平安時代に散文にも韻文にも頻用された和文系の語。漢文訓読文では、同じ意味で「たがひに」が用いられた。中世以降、「たがひに」が一般的となり、「かたみに」は雅語的表現と意識されるようになるが、一部の方言には残っている。

たがい‐に たがひ‥【互に】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「互に」の解説

かたみ‐に【互に】

[副]《「片身に」の意》たがいに。かわるがわる。
「すき事どもを―くまなく言ひあらはし給ふ」〈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android