コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五体清文鑑 ごたいしんぶんかん Wǔ tǐ qīng wén jiàn

2件 の用語解説(五体清文鑑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごたいしんぶんかん【五体清文鑑 Wǔ tǐ qīng wén jiàn】

中国,清朝で編纂された満州・モンゴル・漢・チベットウイグルの5族の言語の対照語辞典。《清文鑑》ともいう。乾隆帝の勅命により1787‐94年(乾隆52‐59)ころに成り,全36巻。収録語数は各約2万語。毎ページに各4語ずつを載せるが,第1段に満州語,第2段にチベット語,第3段にモンゴル語,第4段にウイグル語,最下段の第5段に漢語を配し,チベット語とウイグル語にはその語の発音を満州字で書き加えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五体清文鑑
ごたいしんぶんかん

中国、清(しん)朝で編纂(へんさん)された満州、漢、モンゴル、チベット、ウイグルの5族の言語の対照辞典。乾隆帝(けんりゅうてい)の命により18世紀後半に成ったもので、全36巻。収録語数は各2万余語。ページごとに各4語ずつを載せ、第1段に満州語、第2段にチベット語、第3段にモンゴル語、第4段にウイグル語、第5段に漢語を配し、さらにチベット語とウイグル語にはその発音を満州字で書き加えている。[若松 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五体清文鑑の関連キーワード満州語モンゴル語モンゴル帝国モンゴルフィエ兄弟モンゴル文字内モンゴル自治区満州里蒙古戈壁満州建国大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone