五十にして天命を知る(読み)ごじゅうにしててんめいをしる

故事成語を知る辞典「五十にして天命を知る」の解説

五十にして天命を知る

人間は、五〇歳ごろになると、自分の人生が何のためにあるかを意識するようになる、ということ。

[使用例] 五十にして天命を知った彼は、父祖をまつる岡山華蔵寺梵鐘供養を行った[尾崎士郎*本所松坂町|1956]

[由来] 「論語―為」に見える、孔子のことば。このは、「じゅうゆうにしてを志す」から始まって、「三十にして立つ、「四十にして惑わずと続き、以下、「六十にして耳順う、「七十にしての欲する所に従えどものりえず」(七十にして矩を踰えず)と続いています。

[解説] このことばから、五〇歳のことを「知命と呼ぶようになりました。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「五十にして天命を知る」の解説

ごじゅう【五十】 に して天命(てんめい)を知(し)

(「論語‐為政」の「子曰、吾十有五而志于学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命」から) 五〇歳にしてはじめて自らの人生についての天命、宿命を知るの意。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五十にして天命を知る」の解説

五十ごじゅうにして天命てんめい

《「論語」為政から》50歳になってはじめて自分の人生についての天命・運命が何であったかがわかる。→知命ちめい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android