知命(読み)チメイ

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐めい【知命】

〘名〙
① 天命を知ること。〔易経‐繋辞〕
② (「論語‐為政」の「子曰、吾十有五而志于学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命」による) 五〇歳の異称。知命の年。
※性霊集‐三(835頃)和尚中寿感興詩「古文云、知命読易、義趣易入」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

知命

五〇歳の異称

[使用例] わたくしは昭和改元の際年は知に達していた。二君の好意を空しくせまいと思っても悲しいかな時はすぎったようである[永井荷風*正宗谷崎両氏の批評に答う|1932]

[由来] 「論語―為政」に出て来る、「五十にして天命を知る(五〇歳になると、自分の人生が何のためにあるかを意識するようになる)」から。

〔異形〕知天命。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報