知命(読み)ちめい

故事成語を知る辞典「知命」の解説

知命

五〇歳の異称

[使用例] わたくしは昭和改元の際年は命に達していた。二君の好意を空しくせまいと思っても悲しいかな時はすぎったようである[永井荷風*正宗谷崎両氏の批評う|1932]

[由来] 「論語―為」に出て来る、「五十にして天命を知る(五〇歳になると、自分の人生が何のためにあるかを意識するようになる)」から。

〔異形〕知天命

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「知命」の解説

ち‐めい【知命】

〘名〙
天命を知ること。〔易経‐繋辞
② (「論語‐為政」の「子曰、吾十有五而志于学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命」による) 五〇歳の異称。知命の年。
※性霊集‐三(835頃)和尚中寿感興詩「古文云、知命読易、義趣易入」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「知命」の解説

ち‐めい【知命】

天命を知ること。
《「論語」為政の「五十にして天命を知る」から》50歳のこと。
[類語]志学破瓜弱冠而立不惑耳順華甲還暦古希致仕喜寿傘寿半寿米寿卒寿白寿茶寿皇寿厄年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「知命」の解説

【知命】ちめい

天命を知る。五十歳。〔論語、為政〕四十にして惑はず。五十にして天命を知る。

字通「知」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android